学資保険とは

お子さんがいる方で学資保険に加入している人も多いと思います。

学資保険とは、子どもの将来の教育費を貯めるための保険です。
今は、子ども一人育てて大学まで卒業させるのに1000万以上かかると言われていますから…
やっぱり、こういうものを利用して貯蓄するのはいいのかもしれませんね。

でも、普通に自分で貯金すればいいんじゃない?って思いませんか?
まあ確かにそうなんですけど…

学資保険のいところは、ただ貯金するよりもプラス要素がたくさんあるんですよ。
まず、プランによりますが物によっては契約者(だいたいが父親でしょうね)に万が一のことがあって保険料が払えなくなったとき。
それ以降の保険料は払わなくてもいいものがあります。
もちろん満額受け取りOK。
これなら安心ですよね。

さらに子どもがケガをした・入院をした・通院した…
このようなときも保障をしてくれるタイプのものもあるので、ただ自分で貯金をするよりもプラス要素が多いのが特徴ですね。

あと、学資保険によっては「返戻率」が変わります。
これは自分が積み立てた保険料の総額に対して、受け取る金額の割合のことです。
200万円積み立てて満額100万円受け取れるときは、返戻率が50%ってことですね。
できれば返戻率が高いところがいいような気がしますが…
これは上に書いた、プラス要素の物もよーく見て決めましょう!
返戻率が高いところを選ぶか?保障もしっかりしてくれるところがいいか?
よく確認して学資保険を選びましょう!