年末調整のときにきちんと申告すれば・・・

生命保険・個人年金保険・介護医療保険に加入中の方にお得情報♪
年末調整のときにきちんと申告すれば、税金が戻ってくる可能性がありますよー!

今の日本には、これらの保険の保険料によって所得税や住民税の控除が受けられます。
平成24年から金額が変わって、それぞれの保険で最高4万円(住民税は2万8000円)まで、合計12万円(住民税は8万4000円)まで控除が受けられます。
しかし、平成23年12月31日までに加入した保険に関しては、旧契約が採用になるので金額がちょっと変わります。
生命保険と個人年金だけが対象になって、最高10万円までの控除になります。
(細かい控除額は自分で調べてくださいね!)

この控除を受けるには、自営・自由業の人と会社員では申告方法が違います。
会社員の人は、11月くらいに会社で年末調整の紙を書くように言われますよね。
その紙に、控除を受けたい保険の種類や金額を書く所があるので、そこに書きましょう。
自営・自由業の人は、年明け3月までに確定申告をするときに申告しましょう!
わからないときは経理の人や人事の担当者・確定申告の場合は税務署の人に聞きましょう。

書く金額などは、毎年10月くらいに保険会社から詳細が書かれた紙が送られてくるのでそれを見て書きましょう!

せっかく税金が戻ってくるんだから!
家計のためにしっかりと申告してくださいね♪